低用量ピルは高い避妊効果を持っており、副作用が少ない安全な医薬品です。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

高い避妊効果を持つ低用量ピル

高い避妊効果を持つ低用量ピル

避妊の方法として最もポピュラーな方法として、男性が行うコンドームの着用が挙げられます。しかし主導が男性になるため着用したがらない方もおり、女性は望まぬ妊娠のリスクを考え、不安な気持ち抱きながら男性との性行為を行っています。そして正しい使用法でコンドームを使っていても、1年間で15%程で妊娠するという事実をご存じでない方が多いようです。その理由として、装着・射精する前から精子は放出されているため、途中からコンドームを装着しても避妊していないのと同じ事であるといえるのです。

では避妊に適しているものとはなんでしょうか?確実に妊娠を回避する方法はコンドーム以外にも女性が主導となって行える方法があり、代表的なものにピルという女性ホルモンが配合されている経口避妊薬が挙げられます。ピルを服用することは、コンドームよりも避妊効果が高いと言われているのです。もちろん併用をすればより相乗効果を得られますし、性病予防にもなりますので、ピルを服用しているからとはいえコンドームを装着せずにセックスをすることはおすすめ出来ません。

おすすめはマーベロン

おすすめはマーベロン

避妊用ピルは妊娠を望まない女性の強い味方となってくれますが、体内の女性ホルモンのバランスに変化を与えるので副作用が強く出てしまい、服用の継続が困難になってしまう場合があります。そこで日本人の小さな身体に合わせて作られているのが低用量ピルと呼ばれるもので中でもマーベロンという第三世代のピルが他の薬に比べ副作用を抑えることができます。

マーベロンには、通常量のピルと同様に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが配合されています。エチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンを、避妊効果がなくなってしまうギリギリまで配合量を減らすことにより、副作用を通常のピルに比べて減らすことが可能となっています。女性ホルモンを体内に取り入れることで性腺刺激ホルモンの分泌を抑えることができ、卵胞が十分な大きさに成長することを抑え排卵を起こらないようにしてくれます。それにより妊娠を防ぎます。万が一受精してしまった場合でも受精卵が着床しにくい状態を作り出してくれるので妊娠を回避できます。

アフターピルとしての使い方

マーベロンをアフターピルの代わりとして使う事ができます。そもそもアフターピルとはどういった物でしょうか。性行為の後でも避妊をする事が可能なピルの事です。コンドームが破れていた、避妊を行わずに行為を行ってしまった、レイプされてしまったなど、無防備な行為を行ってしまった後からでも避妊の対策が取れる薬です。
アフターピルは病院に駆け込めば処方してもらえますが、処方してくれる病院はあまり多くありません。「母体保護法指定医」に指定されている病院は処方してくれますが、事前に電話で確認してから来院した方が無難です。

避妊に関しては保険は適用されずに自費診療となるので約5000~15000円ほど費用としてかかります。アフターピルは行為後早いタイミングで飲むほど効果が高いので、早急に必要な場合は病院での処方をおすすめしますが、産婦人科に行く事自体抵抗がある方にはあまりお勧めできる手段ではないかも知れません。もし日頃から服用していてマーベロンが手元にある場合は、アフターピルの代用品として利用する事ができます。
アフターピルとしてのマーベロンの使い方ですが、避妊の対応ができなかった行為の後72時間以内に白い錠剤を3錠飲み、その12時間後に更に3錠飲みます。服用した数日後に出血が見られるようであれば避妊が成功した証拠です。

マーベロンは有効成分が均等に含まれている1相性タイプの薬なので、白い錠剤ならどのタイミングのものを服用しても効果があります。マーベロン28には休薬期間用の7日分の偽薬が付いていますがこちらは有効成分がない方の薬なので、アフターピルの変わりとしては使用できません。
あくまでも代用品なので本来のアフターピルよりは効果が下がります。正しく飲めば避妊効果が98%以上得られるアフターピルにくらべ、マーベロンで代用した場合は75~80%とやや低めです。また本来服用する量よりも多めに体内に取り入れる事になるので、副作用として吐き気や嘔吐、頭痛の症状が現われたりします。代用品としての使用法はあくまで最終手段なので、普段から低用量ピルで避妊する方法をお勧めします。

アフターピルも低用量ピルであるマーベロンも国内では処方箋医薬品に指定されているので処方箋が無いと購入できませんが、個人輸入であれば処方箋が無くても手に入れる事が可能です。
個人輸入とは個人が海外の商品を輸入する方法の事を言いますが、インターネットの普及により個人輸入代行業社のサイトを利用して手軽に海外の商品を手に入れる事ができます。個人が使用する目的で2ヵ月分以内の量であれば、法に触れる事なく購入する事ができます。国内の通販に比べて商品が到着するまでに時間がかかり、注文から商品到着まで1~2週間はかかるので、事前購入の手段としての利用であれば適していると思います。処方箋を出してもらって購入するよりも安い値段で済むので、この機会に個人輸入代行サイトを利用した購入方法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。