メリアンは第三世代の超低用量ピルで、より副作用を起こしにくい避妊薬です。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

メリアンの効果・効能・副作用

メリアンの効果・効能・副作用

このメリアンは第三世代と呼ばれている超低用量ピルです。低用量のエチニルエストラジオール(エストロゲン)含有量よりもさらに低くされているため、副作用がより起こりにくいと言われています。製造と販売はドイツの製薬会社バイエル薬品です。1相性ピルですので全て一緒の用量になります。2相性3相性のように順番が設定されていないので飲み分ける必要はありません。そういった理由もあり人気が高い薬といえます。

21錠と28錠の二種類が販売されておりどちらも用量は同じです。21錠は7日間の休薬期間が設けられており、28錠のものは7錠プラセボ(偽薬)が入っています。この偽薬はホルモン成分が入っておらず、飲み忘れを防止するために入っています。1日でも飲み忘れをしてしまうと避妊効果が無くなってしまうので、それが心配であれば28錠タイプが大変おすすめです。

黄体ホルモンはゲストデンというもので、マーベロンなどとは違います。またゲストデンも同じく含有量が少なく、メリアンは最もホルモン含有量が少ないピルとも言われています。ニキビを改善する作用や生理痛を抑える効果もあり、この目的で使用している人も多いかもしれません。服用方法は従来のものと同じく、月経初日から開始します。21日間、1錠を同じ時間帯に服用し飲み忘れが無いようにします。服用時間を合わせなければならないのは、ずれてしまうと不正出血を起こしやすくなるためです。

卵胞ホルモン黄体ホルモンと共に含有量が少ないため、体への負担が少ないメリアンなのですが残念ながら日本では認可されていません。そのため入手をするには個人輸入をするか、代行業者が運営する通販サイトを利用するしか手がありません。その場合自己責任として扱われるので、万が一事故があればなんの補償も受けられなくなります。

また副作用は発現しにくいのですが、飲み始めにはやはり吐き気や乳房の張り、痛み、不正出血が出てくるかもしれません。体内のホルモン環境が変わるので割り切るしかありませんが、継続すると収まります。また血栓が出来やすくなるとも言われているため、喫煙者の方や心疾患などを持たれている人は特に注意をして下さい。