低用量ピルは日本人でも副作用の発現が少なく、安全に使用が出来るため避妊にも大きく役立ちます。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

避妊と妊娠

避妊と妊娠

人間を含む生物は子孫を残すために性行為をします。しかし人間の場合はそれだけが目的ではありません。誰しもが持つ性的な欲求を満たすため、快楽を求めることの方がむしろ多いはずです。そこで重要となるのが避妊です。避妊とは、妊娠を回避する目的で行われる方法であり医療の技術や方法を用いて行ったり、もっともポピュラーな方法なのが男性が主導となって行う避妊具を使う方法です。それがコンドームの着用というわけです。

精子と卵子が結びつく事、すなわり受精の事なのですがそれを阻害し、受精卵となることを防ぎます。万が一受精卵となり着床してしまう場合には、外科的な手術を行うことで女性あるいは男性が望まない妊娠を避けることが出来ます。しかしコンドームは破れたり行為中に外れるリスクがあり、また男性が着用しなければ効果は全く無いため安心して性行為を行えません。

その場合女性自身が身を守る必要があります。簡単に使用することが出来るものとして女性用コンドームである、膣内に挿入して使うペッサリーや、正しく毎日服用することで99%の確立で避けることのできるピルと呼ばれる経口避妊薬などがあります。ピルは生理不順などの場合に使用するケースもあるため、女性の中ではとても良く知られた方法であるといえます。

副作用の少ない低用量ピル

高い確率を誇るものの、ホルモンバランスを変化させるので体調不良などの強い副作用を起こすこともあり使用に踏み切るにはかなりの決断が必要となりますが、最近では身体の小さなアジア人でも使用出来る低用量ピルも登場しています。主成分を限りなく少なくして、副作用の発現が低くなっているため使い勝手が大変良く安全に使用することが可能です。

また確率としては稀ですが、レイプなど望まない性行為をさせられ犯罪行為に巻き込まれる可能性もあります。そういった場合にはアフターピルと呼ばれる行為後72時間以内の服用で回避する方法などもあります。なるべく早めに飲むほうがその確率が高くなりますので、恥ずかしがらずに医療機関へ行くなりして下さい。子供を望まない性行為を行うのであれば、男女ともに不用意に、あるいは不特定の人との行為を避け、欲求のままだけで性行為は行わないようにしましょう。

避妊薬|低用量ピル・アフターピルの効果・副作用|お薬なび