マーベロンのジェネリック医薬品ファボワール。低用量ピルなのでニキビの治療にも使われます。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

ファボワールについて

ファボワール

マーベロンのジェネリック医薬品

マーベロンのジェネリック医薬品として、ファボワールがあります。ファボワールにはマーベロンと同じように21錠入りと28錠入りの2種類があります。21錠入りの方は休薬期間用の偽薬が付いておらず、28錠入りの方は偽薬が7日分付いています。マーベロンと同じ1相性の3世代ピルで、有効成分や効果もほぼ同じとされています。

ファボワールの効果について

マーベロンのジェネリック医薬品なので正しく服用をする事でほぼ完全に近い避妊の効果があります。子供が欲しくなったら薬を飲むのをやめる事で妊娠準備に入る事ができます。 ファボワールに初めてトライする場合や、しばらくやめていた服用をまた始める場合は生理の1日目に新しいシートの1錠目からスタートします。生理の初日から始める事ができた場合はスタートした当日から避妊の効果があります。

もし生理の初日にスタートする事ができなかった時は、毎日1錠ずつ飲み続ければ7日目くらいから避妊の効果が得られます。

ニキビについて

マーベロンやファボワールのような低用量ピルはニキビの改善も期待する事ができます。

ピルに配合されているエストロゲンのエチニルエストラジオールが性ホルモン結合グロブリンというたんぱく質を増やし、そのたんぱく質が血中の男性ホルモンであるテストステロンと結合し、テストステロンそのものの量を減少させます。

またピルに含まれているエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが卵巣を刺激して性ホルモンの分泌を促す「性線刺激ホルモン」を抑制する事により卵巣の働きが抑えられ、卵巣由来の男性ホルモンの分泌を抑えます。

服用し続ける事により性線刺激ホルモンの分泌が押さえられるため自然な女性ホルモンの分泌が無くなり、体内にはピルに含まれていたわずかな女性ホルモンだけが残ります。そうなるとプロゲステロンの体内量がとても少なくなり男性ホルモンに似た作用や皮脂分泌を促す作用も抑えられるため、ニキビ改善につながります。

ニキビ治療として用いられる低用量ピルとしてはマーベロン、ファボワール、トリキュラー、ヤーズ、ラベルフィーユなどが挙げられます。

アフターピルとしての使い方

ファボワールを性行為後の避妊薬、アフターピルの代わりとして使えるのかという事に関してですが、代用品として一応可能です。有効成分が入っている白い錠剤を3錠、性行為後なるべく早めに服用します。1回目の服用の後更に12時間後に3錠服用します。

しかし本来のアフターピルに比べて有効成分なども違うため、避妊できる確立も70~80%と低めです。1度にたくさん服用するため副作用である吐き気や嘔吐の症状が現れやすくなってしまうので、あくまでも緊急対策として使うようにし、できるだけ普段から低用量ピルを服用する事で行う避妊を心がけて下さい。

ファボワールを飲む際に

服用方法

ファボワールには錠剤が21錠タイプの「ファボワール21」と、休薬期間中の偽薬が付いて28錠タイプの「ファボワール28」の2種類があります。

ファボワール21

シートに記載されている「1」の数字の錠剤から始めます。2→3→4と毎日番号順に1錠ずつ飲みます。21日間分すべて服用を完了したら薬を飲まない休薬期間をもうけます。 7日間の休薬期間が終了したらまた新しい薬のシート「1」から21日間連続で服用し続け、このサイクルを避妊が必要な間はずっと続けます。休薬期間中に生理が来なかったとしても休薬期間が終わったら2シート目に入ります。

ファボワール28

ファボワール21と同じ白い錠剤が21錠ありますが、それに加えてして休薬期間に服用する有効成分が含まれていない偽薬が7錠プラスされています。シートに記載されている「1」の数字の錠剤から開始するのはファボワール21と変わりませんが、休薬期間用の薬も入っているので28錠飲み終わる事で1週した事になります。28錠飲み終わったら次の日からすぐに2シート目に移ります。このサイクルを避妊したい間はずっと続けます。

偽薬を飲む休薬期間中に生理がこなくても、28錠飲み終わったら2シート目に移ります。ファボワール21と違い休薬期間中もずっと薬を飲み続けるので、飲み忘れを防ぐ事ができます。

ファボワール21も28も生理の初日に1錠目のスタートを切る事ができればその日からすぐに避妊の効果がありますが、そうでない場合は服用をスタートして7日目からしか効果を得られないので、その間は別の避妊手段も併用して下さい。

副作用について

比較的副作用が出にくいタイプですが、嘔吐、吐き気、乳房痛、不正子宮出血、悪心、頭痛などの症状が報告されています。またまれに重大な副作用として血栓症があり、急激なしびれを手足に感じたり、むくみ、胸の痛みや息切れ、激しい頭痛などを感じた場合には予兆かも知れないのですぐに薬の使用を中止し、医師に相談して下さい。

通常の副作用に関しては2シート、3シート目を服用するにつれて症状が出なくなってきます。しかしそれでもなかなか症状が改善しない場合は体に合わないという事なので医師などに相談し他の薬に代えてもらうのも1つの手段です。

購入するには

病院で処方してもらう事も可能ですが、薬をもらうためだけに毎回病院へ行くのも億劫だと感じている方もおられると思います。低用量ピルとしてはその他マーベロン、ファボワール、トリキュラー、ヤーズ、ラベルフィーユなどがありますが、個人輸入を利用すれば処方箋無しで購入する事ができます。

個人輸入代行サイトを使って病院で処方してもらえる薬とほぼ同じ効果の得られる薬を安く手に入れる手段をこの機会に検討してみる事をおすすめします