世代とは黄体ホルモンの新しさを意味し、第一世代、第二世代、第三世代と新しくなっていきます。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

低用量ピルの世代とは一体?

低用量ピルの世代とは一体?

ピルを入手する際、第一世代の○○、第二世代の○○、という説明を受けたりまたはそういった文章を目にしたことはありませんか?少し気になるこの呼び方、一体何を意味しているか分かりますか?

その答えは黄体ホルモンの開発順です。第一世代、第二世代、と新しくなっていき、現在は第四世代まであります。世代ごとにそれぞれに配合されている黄体ホルモンの種類が違い、その効果も新しい世代になるとともに高くなっています。もちろん人により適応の差は出てきますし、第一世代なので劣っているわけでもありませんのでご安心下さい。ではその第一世代のピルから少しずつ紹介をしていきたいと思います。

第一世代

第一世代

1960年に開発された、ノルエチステロンが主成分。オーソ、シンフェーズ、ルナベルなどがそれにあたります。卵胞ホルモンの成分が弱く、黄体ホルモンの量が多いため効き目がマイルドで、男性化作用の発現も少ないので、アメリカでは未だ主流のようです。

第二世代

第二世代

卵胞ホルモンを50μg未満に抑え、なおかつ新しい黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが主成分のピルです。アンジュ、トリキュラーなどがそれにあたり、成分が三段階に分けられている3相性というタイプに該当するピルが多いです。段階に分けることにより、自然なホルモンバランスを維持出来るため、副作用も少なく安全に利用できますが、第一世代よりも男性化作用が高いことが唯一の欠点といえます。

第三世代

第三世代

第二世代にあった男性化作用を抑える新たな黄体ホルモンを配合しています。デソゲストレルやゲストデンがそれにあたります。マーベロンやジネラなどがそれらにあたり、1相性のものも多くなっています。1相性とは3相性とは違って成分量が全て一定のものです。そのため順番を間違えることがなく気にせずに飲むことが出来ます。男性化作用が低くなった恩恵で、ニキビの改善に非常に効果があります。

第四世代

ドロスピレノンという新しい黄体ホルモンを配合しています。ヤーズがそれにあたり、むくみやニキビの改善、PMS(月経前症候群)にも高い効果を発揮し、日本ではそちらでの利用がメジャーのようです。とはいえ避妊効果ももちろん期待できます。この第四世代は超低用量ピルとも言われるものが多く、卵胞ホルモンが20μg未満と非常に少ないことが特徴です。