低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプがありどちらも効果は変わりません。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

低用量ピルの服用方法

低用量ピルの服用方法

低用量ピルとは処方された通りに服用することで、100%近い確率で避妊が出来る経口治療薬です。従来のピルというと太りやすい、副作用が強い、などのイメージが強かったと思います。しかし中用量ピルから低用量に移り変わったことで、安全性の高いものとなりました。日本ではほぼ避妊といえばコンドームを使用してる方が多いですが、海外などではピルが大変メジャーです。日本でも認知度は高いのですが、健康なのに病院に行くの?といったイメージが湧くためまだまだ普及率は高くありません。そして低用量ピルが主流になっている今でも、上記のような思いを持っている女性がたくさんいます。

使用方法ですが、21錠タイプのものと28錠タイプのものがあります。両方とも生理の初日に服用をスタートさせます。もし生理の初日に服用できなくても問題はありませんが1週間程度は他の妊娠予防策をとりましょう。生理の初日に服用できた場合はその日から避妊が可能となります。服用をスタートして毎日忘れずに1錠を飲みます。
もし飲み忘れてしまった場合は、そこで効果は期待出来なくなりますので使用を中止して次回の生理が来るのを待ちましょう。その間は性交渉を控えるか他の方法をとってください。毎日1錠を21日間服用します。

21錠タイプのものはそこで7日間の休薬期間をとります。28錠タイプのものは飲み忘れ防止に7錠のプラセボ(偽薬)が含まれているのでそのまま続けます。そして服用が終わればまた最初からスタートします。21錠タイプのは休薬期間が終わってまた1からスタートさせるのです。これをきちんと守ることで、妊娠することは無いといっても過言ではありません。しかも低用量ピルは女性の悩みに大変うれしい効果が他にもあり、ホルモンバランスを整えてくれるため生理痛などの軽減が期待できます。

他にもお肌のにきびが改善されたり、女性特有の疾患の予防となったりいいことづくめなのです。以前までは副作用の強いと思われがちだった経口避妊薬ですが、今では安全性の高いものとなっています。コンドームは妊娠を望まない場合もちろん必須アイテムなのですが、100%妊娠しないという保証はありませんし、失敗してしまう事もあるのです。破れてしまったり抜けてしまったりなどもあるので、本当に妊娠を避けたいのであれば、低用量ピルの使用することをおすすめいたします。

避妊薬|低用量ピル・アフターピルの効果・副作用|お薬なび