マーベロンは日本での普及率も高く、扱いやすい人気の低用量ピルです。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

マーベロンの効果・効能

マーベロンの効果・効能

避妊薬として用いられる事や、他にも副効果として生理痛や生理が定期的にこない生理不順などを改善する効果もある低用量ピルのマーベロン。第三世代と呼ばれる経口避妊薬となります。通常のピルに比べ、配合されているホルモン量が少なく配合されているので、服用に伴い現れる副作用を抑える事が可能となっています。

このホルモンというのが2つの女性ホルモンの事で黄体ホルモンのデソゲストレル、卵胞ホルモンとのエチニルエストラジオールが含まれています。卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの配合量を避妊効果がなくならない限界まで分量を減らしており、通常のピルと同様に99.9%の避妊率があるとされています。

避妊効果としては3つの作用があり、
・女性ホルモンを投与することによって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えること
・卵胞を大きく成長させることを抑え、妊娠のするためには必要不可欠である排卵を抑制する作用
・黄体ホルモンの作用によって子宮内膜の増殖を防ぐことで子宮内膜が厚くなることを抑制すること

この3つの作用が、万が一受精卵となっても着床しにくい状況を保つため、妊娠を防ぐことが可能なのです。また子宮の入り口の頸管粘液を粘度を高めることにより、子宮に精子が侵入することを防ぐこともできます。はじめの段階である受精をそもそも起こしにくくするため、その避妊率の高さが分かってくると思います。

女性ホルモンの配合量は一定の1相性という種類になります。服用方法は1ヶ月の内21日間毎日1錠を服用。全ての錠剤の成分比は一定であり、服用方法がもう一つの種類である3相性と比べて単純なので飲み忘れや飲み間違えなどの心配もありません。
女性のライフスタイルの向上に役立つマーベロンですが、第一、第二世代のピルと比べ血栓症となるリスクが約2倍ほどあるといわれており定期的な検査が必要となりますが、その一方で不正出血やニキビ、脂漏などが出来にくいというメリットもあります。

副作用の中には吐き気や頭痛、乳房の張りや痛みがありますが、女性ホルモンのバランスに変化を与えているために起こる症状であり、服用を続けていくことによって身体が慣れはじめるようになるので症状も緩和されます。
男性に任せるだけでなく自分の身体を大切にするためにも低用量ピルを使って望まぬ妊娠を回避しましょう。

避妊薬|低用量ピル・アフターピルの効果・副作用|お薬なび