日本は海外に比べてピルの普及率がとても低いです。その理由は副作用への偏見と性教育の差です。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

日本と海外のピル普及率について

日本の避妊方法

日本と海外のピル普及率について

日本と海外の避妊方法を見てみると少し違った方向が見えてきます。日本で最も多い避妊方法はコンドームです。最近のコンドームはより性能も高くなっており、薄いものや外れにくい工夫など様々な進化が見られます。またゴムアレルギーを持つ人にとってはポリプロピレン製のものもあるため多種多様な選び方ができ、なおかつ手軽に使えます。

海外の避妊方法

一方海外ではピルによる避妊方法が一般的です。日本でピルが認可されたのが1999年と実につい最近のことである中、海外ではそれよりも早くから使われていました。性教育も日本より進んでおり、子供の頃からピルは有効な避妊方法だと教えられています。そのため普及率が高く最も一般的なのでしょう。

日本の女性はなぜこうもピルへの偏見があるのでしょう。その一つは副作用の大きさ、ではないでしょうか?吐き気やむくみ、不正出血が報告の多い副作用ですが、それを嫌がる人が多いため普及が進まないのでしょう。もちろん医薬品ですので副作用はつきものですが、現在の低用量ピルは昔に比べると遥かに出にくくなり高い避妊効果を得られます。また副次的な効果である生理不順や生理痛なども抑えてくれますのでそういった意図で使う事も出来ます。現にそのような使い方をされている人も大勢いらっしゃいます。

避妊の認識の違い

そして避妊は男性がするもの、という考えが根強いからでしょう。女性は特にセックスに対して受け身であるといえます。自分ではなく相手に任せっきりになり望まぬ妊娠をしてしまった場合は全て女性が責任を持つ。ということも珍しくなく、中絶を選ぶ人も中にはいます。日本は世界で見ても、中絶率が高い国と言われています。海外では自分でも避妊しなければという思いが強いため、ピルが普及しているのだと思います。また宗教の問題もあり、中絶には特に目が厳しいため(日本でもそういった風潮はありますが)その流れが強いのでしょう。

一方だけを使えばいい、というわけではなく両方使えばそれだけ避妊率は高くなりますし、コンドームは性感染症の予防にも一役買います。しかし今ではインターネットも普及しピルの情報を発信しているサイトも多くなりました。こらから普及率も高くなっていくのではと思います。