1相性は用量が変わらない錠剤、3相性は成分が段階ごとに分かれている錠剤を言います。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

低用量ピルの1相性と3相性の違い

低用量ピルの1相性と3相性の違い

低用量ピルには1相性、3相性という種類があります。主成分として卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。また同じ1相性、3相性でも用量が異なるため、体に合わないと思ったら違うものへ変更することも出来ます。その際はまた最初から飲み始めねばなりませんのでお気をつけ下さい。それではまず1相性のものからみていきましょう。

1相性とは21日、もしくは28日間同じ用量を服用するタイプです。28日分のものは、7日分が偽薬であり飲み忘れがないように入れられています。生理日の調整が便利であると言われ、生理痛がひどい人、また避妊効果も高く利用しやすいため人気が高いと言われています。しかし一日飲み忘れてしまった場合は、効果が下がってしまい避妊効果を得られなくなりますので次回の生理周期まで待たなければなりません。

続いて3相性とは用量が3段階に分けられているピルの事をいいます。区切りで用量の違う錠剤を服用していきます。こちらも製品により、用量が違うため体質に合わなければ違う薬に変えて様子を見て下さい。1相性に比べ、女性ホルモンの量が自然に近くなるため不正出血も起きにくいというメリットがあります。休薬期間には消退出血というみかけの月経も起こりやすいです。

デメリットとして錠剤ごとにホルモン量が違うので、飲む順番を間違えると効果が薄まってしまいます。また不正出血も起こりやすくなるので順番をきちんと守らなければなりません。ご自分でそういった決まりを持っていなければならないのです。もちろんそれは1相性のピルにもいえますし、なによりピルの服用を習慣づけなくてはなりません。

こういった決まりを守って初めて高い避妊効果を得られます。自分が飲みやすい時間を決め、忘れることが無いようにしましょう。
また1相性の方が容易に服用出来ますので、まずはそちらから試されてもいいと思います。そこから自分に合ったものを選び、より自然な形態を得られる3相性のピルに変更しても良いのではないしょうか。