最も普及率が高いと言われているのがトリキュラーで、高い避妊効果を見込めます。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

トリキュラーの効果・効能・副作用

避妊と妊娠

日本で最も普及率の高い避妊薬と言われているのがこのトリキュラーです。第三世代と呼ばれているもので、3相性というタイプです。3相性というのは成分が三段階に分けられており、体内のホルモンバランスに近づけるので副作用の発現が少ないと言われています。トリキュラーもドイツの製薬会社であるバイエル薬品が製造販売をしております。主成分はエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)です。

マーベロンなどの1相性とは違い、成分量が分かれているため服用の順番を間違えてはいけません。間違えた場合、また次の生理周期から始めねばなりません。また21錠と28錠の2つのタイプがあります。21錠は7日間の休薬期間があり、また周期を迎えて新しいシートを服用するというものです。28錠は7日間、偽薬を飲むタイプです。飲み忘れを起こす心配がある人は28錠タイプのほうがおすすめです。また慣れてきたとしてもこちらのほうが使いやすいと思います。

飲み忘れがなければほぼ100%避妊できると言われており、その高い効果を窺い知ることが出来ます。その高い効果と段階に分けて成分量が変わり、体への負担を少なくする、という作用でトリキュラーは普及率が高いのです。また飲み忘れを起こしたとしても3~4時間程度なら問題はありません。その際は気付いた時に服用して下さい。一日経過した場合は医師へ相談しましょう。効果が薄れており、避妊効果に期待が無いかもしれません。

副作用になりますが、飲み始めに起こることが多いです。それは体内のホルモンバランスが変わるため対応に追いつかないためです。吐き気や不正出血が多いと言われているため不快感が生じます服用を継続すると治まってくるので、頑張って耐えましょう。
そして最も心配な副作用に血栓が出来やすくなることが挙げられています。低用量ピルは特にこの血栓症について議論をされています。

出やすくなる人は喫煙者や心疾患、血管に異常がある人などです。使用されたい場合必ず医師に相談してからにしましょう。また使用されてから普段とは違う異変を感じたら使用を中断して、相談をするようにして下さい。

避妊薬|低用量ピル・アフターピルの効果・副作用|お薬なび