ピルは避妊を行うために使用する薬として知られていますが、実は不妊治療にも用いられます。

低用量ピルで私自身を、守るっ!

避妊に使用されるピル

薬

ピルは本来卵巣で作られる黄体ホルモンと卵巣ホルモンが主成分とされたホルモン剤の名前です。女性ホルモンは脳の指令によって一定のタイミングで卵巣から分泌されるものです。しかしピルを飲んで人工的に外からホルモンを入れる事で脳は体から十分にホルモンが分泌されていなくても、問題なく足りていると解釈します。

そうすると脳は卵巣にホルモンを分泌するようにという指令をストップするので卵巣はお休みした状態になります。この時体の中のホルモンバランスは妊娠している状態と同じなので排卵も起きません。そのためピルを服用している間は妊娠する事がないという仕組みで行う避妊方法です。

ではその避妊のために使われるピルが不妊治療にどういう効果をもたらすのでしょうか。


不妊治療におけるピルの効果

不妊治療

不妊治療の際に、ピルを用いることで期待される効果としては下記の内容があります。

・生理周期をコントロールしたり、安定させる事ができる
ピルの効果で生理を止めたり、再開させたりのコントロールが出来るようになります。それによって排卵日を調節したり、体外受精の際には日程が組み易くなるなどの利点があります。

もともと生理が不順な女性は卵巣機能をかなり酷使して生理や排卵を起こしている場合があるため、ピルを服用する事でしばらく排卵を抑制し、卵巣に十分な休息を与える事ができます。休息を取る事で卵巣機能が復活し、ピルの服用を止めた後でも安定した生理周期を保つ事が期待できます。

・不妊につながる病気の改善
子宮内膜症や卵巣のう腫は不妊の原因となりますが、ピルにはそれらの症状を抑制する作用があります。この2つの病気は排卵する毎に症状が進行していくので、ピルを服用し排卵を抑制する事により症状が悪化するのを防ぐ効果があります。その際に必要の無い内膜やのう腫を小さくする事ができ、その事により子宮内膜を維持したり受精卵の着床を助けたりする効果もあります。

・着床する際に重要な子宮内膜を維持させる
不妊の女性の多くは体内の黄体ホルモンの数値が低いと報告されています。数値が低いと排卵した後に体温が高くなる高温期の状態が短くなり、受精卵の着床の準備のために厚くなった子宮内膜が着床を待たずにはがれてしまいます。せっかく妊娠したとしても子宮内膜がはがれてしまうことで流産という結果になってしまいます。
ピルの服用により黄体ホルモンが補充される事で子宮内膜が維持され、結果として授精卵の着床を手助けする事につながります。

・月経困難症の改善
約6割以上の子宮内膜症の方に月経困難が確認されており、その内の2割が不妊症との診断を受けています。ピルは子宮内膜症にかかりにくくしたり、進行を止めたりする要素があるので上手に利用していくと良いでしょう。生理周期をコントロールできるので生理不順も改善されます。

またピルの効果により子宮内膜が厚くなるピークの前に月経が来るので、内膜が剥がれる事によって起こる経血の量がかなり少なくなります。出血量が減る事により子宮の伸縮も抑える事ができるため月経痛がかなり改善されるとされています。


体外受精の際のピルの使用について

体外受精をする際にもマーベロンなどの低用量ピルが処方される場合があります。排卵のスケジュールをコントロールするためと、排卵誘発剤を使う際に、卵巣に卵胞が残っていない状態を作り出すためです。

ピルは体外受精を行う月の1つ前の月経周期に使用する事になります。避妊目的の服用ではないため何周期も飲み続けるわけではなく、1周期分服用すればOKです。ピルを服用する事で一旦排卵や生理を抑えて、服用を止める事で2~3日後に生理を起こさせ、排卵をコントロールします。コントロールする事で排卵誘発剤の効果のみで卵胞を発育させる事が目的です。

2006年に実施された受精卵の移植では、20代からピルの服用を続けた場合、ピルの卵巣を休息させる効果により35~37歳では37.3%、38~40歳では26.6%、42歳では15.2%、43、44歳だと6.7%というように移植の確率がUPしたとの報告があります。普段からホルモンバランスが整っている方が妊娠しやすいため、30代後半からでもうまく妊娠につながったのではないかとされています。


注意点

  • 体外受精のためにピルを服用する場合、高齢によって卵巣の機能が低下している場合にはピルの影響で卵の発育が悪くなる場合もあるようなので、該当する方は主治医とよく相談して下さい。
  • 避妊目的の場合はピルを飲み続けている間に副作用が出なくなってきますが、体外受精のために1周期分のみ服用する場合はつらい1ヵ月になる方もいます。どうしても薬があわず副作用がきつい場合は主治医に相談しましょう。

避妊だけではなく不妊治療にも使われるピル。上手につきあえばホルモンバランスを整える事ができ、高齢でも妊娠する確率が上がる可能性があります。自分にあった使い方をする事で充実した生活を手に入れましょう。